FC2ブログ


\(^o^)/オワタ


2chコピペブログ・これが見えたら若干デザイン崩れてますすみません。

       黄色→vip  青→ニュース  紫→2chまとめ

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング FX


このヘッドラインはあぷ速が管理していました。
近々Rssを2つから4つに変えてみようと思います。
よりアクセスを返せるよう日々努力したいと思います。
       赤→ニュース  緑→ゲーム・動画  ピンク→\(^o^)/

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング FX


このヘッドラインはあぷ速が管理していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【VIP】既出でも怖い話貼ろうぜ

※怖い話です

【既出でも怖い話貼ろうぜ】

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:09:15.73 ID:DXYzaCDl0
不動産屋で働く友人から聞いた話。

その友人が担当するマンションの空室に
一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。
その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、
ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。
他の部屋よりも短い廊下が、いつもこの部屋で感じる違和感の原因なのかと
友人は思ったそうだ。
しかし、なぜ短いのだろうかと思い、廊下の突き当たりの壁を叩いてみると
どうやら本来の壁と、今叩いている壁との間に空間があるようだった。
イヤな予感がした友人は支店長の許可をもらい管理人と一緒にその壁を壊してみた。

友人:「白骨死体でも出てきた方がスッキリしたんだけどさ。」


でも実際は、その空間の壁一面にびっしりと赤いクレヨンで
"お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん・・・・”
と書かれていた…そうだ。

            ―――終了―――
結局その"お母さん”は消さずに壊した壁を元に戻し友人はそのマンションの
担当を後輩に譲ったんだって。
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:11:21.28 ID:DXYzaCDl0
860 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/28(水) 20:59
僕はいつも学校に行くためにバスに乗ってるんですけど、
そのバスは右に曲がった
そのいつも乗ってるバスで、ある日おかしな事があったんです。
だって、いつものような、おばあさんもがいるから、
最後まで行ったんです。痛いから。
それで、そこまでは別に良かったんですけど、めちゃくちゃ
大きい紙袋の紙じゃない版みたいなのがあって、
ボールみたいなのもあって、シルクハットをかぶってる人も
いっぱいいたんです。
おかしいですよね?普通の道を通ってるのに。
それでもバスはずうっと普通に進んでたんですけど、
ある道を左に曲がった所で、いきなり急ブレーキをしたんですよ。
それで、本当に急にキー---って止まったんで、
中に乗ってた人が、バランスを崩してこけそうになったんです。
僕は席に座ってたんで大丈夫だったんですけど。

でも、本当におかしい事は、学校に行く直前に起こったんです。
そのバスはいつも、大きな公園の横を通って行くんですけど、
その頃、ちょうどそのいつもの道は工事してたんで、
ちょっと遠回りして、トンネルがある方の道から行ってたんです。
それで、そのトンネルのちょうど真中ぐらいまで通ったところで、
そのバスが”ガチャ”とか言いながら止まったんです。
僕はもちろんおかしいな、と思いました。
で、気づくと、バスは既に学校前のバス停に着いてました。
僕は、あれ?おかしいなぁ?とか思いながらバスを降りて、
その日も普通に学校に行きました。
そのバスに乗ってた人はもうみんな死んだんですけど。
31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:30:21.42 ID:k9p83+h8O
4は一体なんだよ

34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:32:50.95 ID:vRlco7X30
>>31
湘南バス事故

事故が起きる前にこの書き込みがされた
36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:34:43.49 ID:RDoUmG1TO
>>31
バス事故で頭がおかしくなった人が書き込んだとかなんとか
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:14:51.33 ID:DXYzaCDl0
これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。
年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に
遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と
田んぼの周りを駆け回った。
そして、日が登りきり、真昼に差し掛かった頃、ピタリと風か止んだ。と思ったら、気持
ち悪いぐらいの生緩い風が吹いてきた。僕は、『ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい
風が吹いてくるんだよ!』と、さっきの爽快感を奪われた事で少し機嫌悪そうに言い放った。
すると、兄は、さっきから別な方向を見ている。その方向には案山子(かかし)が
ある。『あの案山子がどうしたの?』と兄に聞くと、兄は『いや、その向こうだ』と
言って、ますます目を凝らして見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと
見た。すると、確かに見える。何だ…あれは。
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:15:11.70 ID:DXYzaCDl0
遠くからだからよく分からないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。
しかも周りには田んぼがあるだけ。近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、
ひとまずこう解釈した。
『あれ、新種の案山子(かかし)じゃない?きっと!今まで動く案山子なんか無かった
から、農家の人か誰かが考えたんだ!多分さっきから吹いてる風で動いてるんだよ!』
兄は、僕のズバリ的確な解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消えた。
風がピタリと止んだのだ。しかし例の白い物体は相変わらずくねくねと動いている。兄は
『おい…まだ動いてるぞ…あれは一体何なんだ?』と驚いた口調で言い、気になって
しょうがなかったのか、兄は家に戻り、双眼鏡を持って再び現場にきた。兄は、
少々ワクワクした様子で、『最初俺が見てみるから、お前は少し待ってろよー!』と言い、
はりきって双眼鏡を覗いた。
7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:15:22.02 ID:DXYzaCDl0
すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる真っ青になっていき、冷や汗をだくだく
流して、ついには持ってる双眼鏡を落とした。僕は、兄の変貌ぶりを恐れながらも、
兄に聞いてみた。『何だったの?』
兄はゆっくり答えた。
『わカらナいホうガいイ……』
すでに兄の声では無かった。兄はそのままヒタヒタと家に戻っていった。
僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと、落ちてる双眼鏡を
取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気が無い。しかし気になる。
遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、
それ以上の恐怖感は起こらない。しかし、兄は…。よし、見るしかない。どんな物が兄に
恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる!僕は、落ちてる双眼鏡を取って覗こうとした。
その時、祖父がすごいあせった様子でこっちに走ってきた。僕が『どうしたの?』と尋ねる前に、
すごい勢いで祖父が、『あの白い物体を見てはならん!見たのか!お前、その双眼鏡で見たのか!』
と迫ってきた。僕は『いや…まだ…』と少しキョドった感じで答えたら、祖父は『よかった…』
と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕は、わけの分からないまま、家に戻された。 
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:15:56.90 ID:DXYzaCDl0
帰ると、みんな泣いている。僕の事で?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように
笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくね、くねくねと乱舞している。僕は、
その兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。
そして家に帰る日、祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。
あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か
経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』
僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もう、無い。また来年実家に
行った時に会ったとしても、それはもう兄ではない。何でこんな事に…ついこの前まで仲良く
遊んでたのに、何で…。僕は、必死に涙を拭い、車に乗って、実家を離れた。 
11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:16:15.55 ID:DXYzaCDl0
祖父たちが手を振ってる中で、変わり果てた兄が、一瞬、僕に手を振ったように見えた。
僕は、遠ざかってゆく中、兄の表情を見ようと、双眼鏡で覗いたら、兄は、確かに泣いていた。
表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような、最初で最後の悲しい笑顔だった。
そして、すぐ曲がり角を曲がったときにもう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながら
ずっと双眼鏡を覗き続けた。『いつか…元に戻るよね…』そう思って、兄の元の姿を
懐かしみながら、緑が一面に広がる田んぼを見晴らしていた。そして、兄との思い出を
回想しながら、ただ双眼鏡を覗いていた。
…その時だった。
見てはいけないと分かっている物を、間近で見てしまったのだ。

『くねくね』
12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:16:47.71 ID:9zEEhMg20
結局くねくねってなんなんだろうな
20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:25:13.16 ID:gJG0o+4B0
いいねいいねやっぱ夜はこうじゃないと

19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:20:36.95 ID:UnOCvoiR0
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:15:54.19 ID:UFbmRgaX0
久々にオカ板行って捜してくる

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:15:56.07 ID:DZBwoLMS0
オナニーしてたら女の幽霊が出てきて「あんたまたオナニーしてんのぉ?」って呆れた顔で言ってきたんだ
滅茶苦茶恐かった
けど絶頂を迎える直前だったからそのまま射精しちゃったんだ
精子が幽霊にあたったら「うわ!精子は幽霊にとって、人間で言う青酸カリグハァ・・・」って言って消えて言った
マジこええ
13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:19:01.30 ID:DXYzaCDl0
1 :本当にあった怖い名無し :2006/02/04(土) 01:10:27 ID:iGZ5enWl0
http://mimicute.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/oekaki-001/rakugakicg/n00051.jpg
絶対に見てはいけません

11 :1:2006/02/04(土) 01:18:59 ID:iGZ5enWl0
【画像を見てしまった人へ】
供養させて頂きますので、次の準備をして下さい。
コップ一杯の水を用意して下さい。
用意できたところで呼び出してください

17 :1:2006/02/04(土) 01:25:57 ID:iGZ5enWl0
>>14さん
では、供養します。

電灯の明かりを消してください。
消して頂いた時点から供養を開始します。
また、呼び出してください。

21 :1:2006/02/04(土) 01:29:17 ID:iGZ5enWl0
>>14さん
>>19さん
昇抜天閲感如来雲明再憎
昇抜天閲感如来雲明再憎
昇抜天閲感如来雲明再憎
14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:19:11.70 ID:DXYzaCDl0
22 :1:2006/02/04(土) 01:30:38 ID:iGZ5enWl0
>>14さん
>>19さん

すぐにコップの水を飲んでください。

25 :1:2006/02/04(土) 01:31:59 ID:iGZ5enWl0
以上で供養は終了です。
邪念は取り払われました。
おつかれさまでした。
16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:19:29.86 ID:DXYzaCDl0
507 :本当にあった怖い名無し :2006/03/12(日) 14:40:50 ID:Q1OlnP930
えっと
>>1
の画像は、実はなんも影響なくて、
問題なのは、
こいつがやらせた事がかなりやばい。

>>1
の言われるまま水を飲んだ奴、かなり大変な事になると思うよ。
なぜ供養という表現を使ったか、どうして水を飲ませたか、よく考えれば
とんでもない事させたという事が判るはず・・・
512 :本当にあった怖い名無し :2006/03/12(日) 23:03:29 ID:WiwdlDQwO
>>507
俺も思った

最初から読んでたらアレ、これって…って違和感を感じたが
これ、質悪い呪いの一種だろ

521 :本当にあった怖い名無し :2006/03/12(日) 23:32:57 ID:7RIyZzCiO
最初の方読んでみたけど
1か対処法つたえたあとの、「呼び出してください」という表現が妙に怖い
普通は呼んでください、だろ?呼び出せってなんなんだよ
あと、お経の言葉みたいな最後の「再憎」の文字が怖すぎる
どうみても供養の言葉には見えん
以上、なんの知識もない漏れの感想ですた
18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:19:45.38 ID:DXYzaCDl0
536 :本当にあった怖い名無し :2006/03/15(水) 11:33:52 ID:s+PneE1NO
>>1のさ…供養終わった後の言葉
なぜおつかれさまですだけ変換されてないんだ?
他の言葉はきれいに変換してる人なのに…

「お憑かれ様です」だからじゃないのか……??

怖っ。


537 :507:2006/03/15(水) 14:29:20 ID:PxvmItRO0
あたり・・・

遅レスすまそ
風邪引いちゃってて、今日になってだいぶ楽になったからレスする事にした

えっと、簡単に言うと、コップの水にその辺りをうろついてる不成仏霊を呼び込んで
それを飲ませた。
だから、水を飲んだ人の中で運が悪ければとんでもない霊を水ごと体内に取り込んで
しまった可能性がある。

要はお憑かれって事・・・。

普通この手の水は御札を焼いた灰とか、オブラートに呪文を書いたものを水に溶かして
浄化してからじゃないと、危なくって飲んじゃいけないんだけど、
>>1
はわざと電気を消して、ヤバイものを呼び込ませたから、かなり危険。
17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:19:37.79 ID:UnOCvoiR0
>>13
それマジでトラウマ
俺はやってないけど

35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:34:30.43 ID:UFbmRgaX0
俺はこの話が好きだ


318 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 03/02/15 16:59
ある日おんなのこがいつものように小学校へ行くと知らない子が一人クラスにいて
でもみんなその子のことをずっと前からいるみたくしゃべったりしてるから
おんなのこは誰にもなにも言えずにそのままその子を放っておいたら
数日後にぱったりその子はいなくなってそれなのに誰もその子のこと
まるでまったく覚えてないように何も言わなかったので
おんなのこもまた何も言いませんでした。

中学校に上がった女の子はちがう小学校から上がってきた友達に
ある日そのことをぽつりと言いました。
友達はそれはよくあることだから気にすることはないと言いました。
「だって昨日まであなたはこのクラスにいなかったじゃないの」
  • 38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:35:15.36 ID:DXYzaCDl0
  • 丁度2年くらい前のことです。旅行にいきたいのでバイトを探してた時の事です。
    暑い日が続いてて汗をかきながら求人をめくっては電話してました。
    ところが、何故かどこもかしこも駄目,駄目駄目。
    擦り切れた畳の上に大の字に寝転がり、適当に集めた求人雑誌を
    ペラペラと悪態をつきながらめくってたんです。

    不景気だな、、、節電の為、夜まで電気は落としています。
    暗い部屋に落ちそうでおちない夕日がさしこんでいます。
    窓枠に遮られた部分だけがまるで暗い十字架のような影を
    畳に落としていました。 、、遠くで電車の音が響きます。
    目をつむると違う部屋から夕餉の香りがしてきます。
    「カップラーメンあったな、、」私は体をだるそうに起こし
    散らかった求人雑誌をかたずけました。ふと、、偶然開いたの
    でしょうかページがめくれていました。


  • 39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:35:30.77 ID:DXYzaCDl0
  • そこには某県(ふせておきます)の旅館がバイトを募集しているものでした。
    その場所はまさに私が旅行に行ってみたいと思ってた所でした。
    条件は夏の期間だけのもので時給はあまり、、というか全然高くありません
    でしたが、住みこみで食事つき、というところに強く惹かれました。
    ずっとカップメンしか食べてません。まかない料理でも手作りの
    ものが食べれて、しかも行きたかった場所。
    私はすぐに電話しました。

    「、、はい。ありがとうございます!○○旅館です。」
    「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集してますでしょうか?」
    「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」
    受けつけは若そうな女性でした。電話の向こう側で低い声の男と(おそらくは
    宿の主人?)小声で会話をしていました。私はドキドキしながら
    なぜか正座なんかしちゃったりして、、待ってました。やがて受話器をにぎる
    気配がしました。
    「はい。お電話変わりました。えと、、、バイトですか?」
    「はい。××求人でここのことをしりまして、是非お願いしたいのですが」
    「あー、、ありがとうございます。こちらこそお願いしたいです。いつから
    これますか?」
    「いつでも私は構いません」「じゃ、明日からでもお願いします。すみません
    お名前は?」「神尾(仮名)です」「神尾君ね。はやくいらっしゃい、、、」


  • 40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:35:43.95 ID:DXYzaCDl0
  • とんとん拍子だった。運が良かった。。私は電話の用件などを
    忘れないように録音するようにしている。再度電話を再生しながら
    必要事項をメモっていく。住みこみなので持っていくもののなかに
    保険証なども必要とのことだったのでそれもメモする。
    その宿の求人のページを見ると白黒で宿の写真が写っていた。
    こじんまりとしているが自然にかこまれた良さそうな場所だ。

    私は急にバイトが決まり、しかも行きたかった場所だということも
    あってホっとした。しかし何かおかしい。私は鼻歌を歌いながら
    カップメンを作った。何か鼻歌もおかしく感じる。日はいつのまにか
    とっぷりと暮れ、あけっぱなしの窓から湿気の多い生温かい風が
    入ってくる。私はカップメンをすすりながら、なにがおかしいのか
    気付いた。
     条件は良く、お金を稼ぎながら旅行も味わえる。女の子もいるようだ。
    旅館なら出会いもあるかもしれない。だが、何かおかしい。
    暗闇に窓のガラスが鏡になっている。その暗い窓に私の顔がうつっていた。

    なぜか、まったく嬉しくなかった。。理由はわからないが
    私は激しく落ちこんでいた。
    窓にうつった年をとったかのような生気のない自分の顔を見つめつづけた。


  • 41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:35:54.41 ID:DXYzaCDl0
  • 次の日、私は酷い頭痛に目覚めた。激しく嗚咽する。風邪、、か?
    私はふらふらしながら歯を磨いた。歯茎から血が滴った。
    鏡で顔を見る。ギョッとした。目のしたにはくっきりと墨で書いたような
    クマが出来ており、顔色は真っ白。、、、まるで、、、。
    バイトやめようか、、とも思ったが、すでに準備は夜のうちに整えている。
    しかし、、気がのらない。そのとき電話がなった。
    「おはようございます。○○旅館のものですが、神尾さんでしょうか?」
    「はい。今準備して出るところです。」
    「わかりましたー。体調が悪いのですか?失礼ですが声が、、」
    「あ、すみません、寝起きなので」
    「無理なさらずに。こちらについたらまずは温泉などつかって頂いて構いませんよ。
    初日はゆっくりとしててください。そこまで忙しくはありませんので。」
    「あ、、だいじょうぶです。でも、、ありがとうございます。」
    電話をきって家を出る。あんなに親切で優しい電話。ありがたかった。
    しかし、電話をきってから今度は寒気がしてきた。ドアをあけると眩暈がした。
    「と、、とりあえず、旅館までつけば、、、」
    私はとおる人が振りかえるほどフラフラと駅へ向かった。

    やがて雨が降り出した。
    傘をもってきてない私は駅まで傘なしで濡れながらいくことになった。
    激しい咳が出る。「、、旅館で休みたい、、、、」
    私はびしょぬれで駅に辿りつき、切符を買った。そのとき自分の手を見て驚いた。。
    カサカサになっている。濡れているが肌がひび割れている。まるで
    老人のように。「やばい病気か、、?旅館まで無事つければいいけど、、」


  • 42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:36:05.02 ID:DXYzaCDl0
  • 私は手すりにすがるようにして足を支えて階段を上った。何度も休みながら。
    電車が来るまで時間があった。私はベンチに倒れるように座りこみ
    苦しい息をした。。ぜー、、、ぜー、、、声が枯れている。
    手足が痺れている。波のように頭痛が押し寄せる。ごほごほ!咳をすると
    足元に血が散らばった。私はハンカチで口を拭った。血がベットリ。。
    私は霞む目でホームを見ていた。
    「はやく、、旅館へ、、、」
    やがて電車が轟音をたててホームにすべりこんでき、ドアが開いた。
    乗り降りする人々を見ながら、私はようやく腰を上げた。腰痛がすごい。
    フラフラと乗降口に向かう。体中が痛む。あの電車にのれば、、、、
    そして乗降口に手をかけたとき、車中から鬼のような顔をした老婆が
    突進してきた。

    どしん!私はふっとばされホームに転がった。老婆もよろけたが
    再度襲ってきた。私は老婆と取っ組み合いの喧嘩を始めた。
    悲しいかな、相手は老婆なのに私の手には力がなかった。
    「やめろ!やめてくれ!俺はあの電車にのらないといけないんだ!」
    「なぜじゃ!?なぜじゃ!?」
    老婆は私にまたがり顔をわしづかみにして地面に抑えつけながら聞いた。
    「りょ、、旅館にいけなくなってしまう!」
    やがて駅員たちがかけつけ私たちは引き離された。
    電車は行ってしまっていた。私は立ち上がることも出来ず、人だかりの
    中心で座りこんでいた。やがて引き離された老婆が息をととのえながら言った。
    「おぬしは引かれておる。危なかった。」そして老婆は去っていった。


  • 43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:36:15.44 ID:DXYzaCDl0
  • 私は駅員と2~3応答をしたがすぐに帰された。
    駅を出て仕方なく家に戻る。
    すると体の調子が良くなってきた。声も戻ってきた。
    鏡を見ると血色がいい。
    私は不思議に思いながらも家に帰った。

    荷物を下ろし、タバコを吸う。
    落ちついてからやはり断わろうと旅館の
    電話番号をおした。すると無感情な軽い声が帰ってきた。
    「この電話番号は現在使われておりません、、」
    押しなおす
    「この電話番号は現在使われておりません、、」

    私は混乱した。まさにこの番号で今朝電話が掛かってきたのだ。
    おかしいおかしいおかしい。。。
    私は通話記録をとっていたのを思い出した。
    最初まで巻き戻す。

    、、、、、、、、、キュルキュルキュル、、、、、     ガチャ

    再生
    「ザ、、、ザザ、、、、、、、、はい。ありがとうございます。○○旅館です。」
    あれ、、?私は悪寒を感じた。若い女性だったはずなのに、声がまるで
    低い男性のような声になっている。


  • 44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:36:31.53 ID:DXYzaCDl0
  • 「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集してますでしょうか?」
    「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」
    ん??
    私はそこで何が話し合われてるのか聞こえた。
    巻き戻し、音声を大きくする。
    「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」
    巻き戻す。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    、、むい、、、、こご、そう・・・・だ・・・・・・・・」
    巻き戻す。
    「さむい、、、こごえそうだ」
    子供の声が入っている。さらにその後ろで大勢の人間が
    唸っている声が聞こえる。
    うわぁ!!私は汗が滴った。。
    電話から離れる。すると通話記録がそのまま流れる。

    「あー、、ありがとうございます。こちらこそお願いしたいです。いつから
    これますか?」
    「いつでも私は構いません」、、、

    記憶にある会話。しかし、私はおじさんと話をしていたはずだ。
    そこから流れる声は地面の下から響くような老人の声だった。
    「神尾くんね、、はやくいらっしゃい」


  • 45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:36:42.50 ID:DXYzaCDl0
  • そこで通話が途切れる。私の体中に冷や汗がながれおちる。
    外は土砂降りの雨である。金縛りにあったように動けなかったが
    私はようやく落ちついてきた。すると、そのまま通話記録が流れた。
    今朝、掛かってきた分だ。
    しかし、話し声は私のものだけだった。
    、、、、、、

    「死ね死ね死ね死ね死ね」
    「はい。今準備して出るところです。」
    「死ね死ね死ね死ね死ね」
    「あ、すみません、寝起きなので」
    「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
    死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
    「あ、、だいじょうぶです。でも、、ありがとうございます。」

    私は電話の電源ごとひきぬいた。
    かわいた喉を鳴らす。な、、、、なんだ、、、なんだこれ、、
    なんだよ!? どうなってんだ??


  • 46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:36:55.42 ID:DXYzaCDl0
  • 私はそのとき手に求人ガイドを握っていた。
    震えながらそのページを探す。
    すると何かおかしい。      、、ん?
    手が震える。。そのページはあった。
    綺麗なはずなのにその旅館の1ページだけしわしわでなにか
    シミが大きく広がり少しはじが焦げている。どうみてもそこだけが
    古い紙質なのです。まるで数十年前の古雑誌のようでした。
    そしてそこには全焼して燃え落ちた旅館が写っていました。
    そこに記事が書いてありました。
    死者30数名。台所から出火したもよう。
    旅館の主人と思われる焼死体が台所でみつかったことから
    料理の際に炎を出したと思われる。
    泊まりに来ていた宿泊客達が逃げ遅れて炎にまかれて焼死。

    これ、、なんだ。。求人じゃない。。
    私は声もだせずにいた。求人雑誌が風にめくれている。
    私は痺れた頭で石のように動けなかった。

    そのときふいに雨足が弱くなった。。一瞬の静寂が私を包んだ。



    電話がなっている
  •  
  • 56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土)00:43:16.79ID:omjmW50I0 ある夜、一組のカップルがデート中に悪漢たちに拉致された。

    泣き叫ぶ彼女を羽交い絞めにし、男はロープで縛られ、トラックの中に連れ込まれた。
    男は何度も彼女を離せと叫んだが、悪漢たちは聞く耳を持たない


    縛られた男を尻目に、彼女は男たちによって男から引き離されて外に連れて行かれてしまった。

    男「俺たちをどうするつもりだ!?」

    悪漢「なぁに、ちょっとレイプ物のビデオに出演してもらうだけさ」

    それを合図に、先ほど彼女を連れてった悪漢たちが撮影機材を持ってトラックに乗り込んできた。
  • 65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:50:28.78 ID:7BEqEpIxO
    >>56
    読み返して理解した厨ニ脳の俺乙

    66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:50:59.92 ID:+BLLv8GFO
    >>56
    これ怖すぎだろ
    73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 00:58:33.96 ID:MPwTPIOJO
    175 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/06/15(木) 12:06

    そんなに怖くないのですがきいてください
    私がまだ4~5歳の頃の話です。
    当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
    まだ小さかったので母と女湯に入っていました。
    或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の
    中でプールよろしく遊んでいました。
    今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア
    が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません)
    私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
    ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
    ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
    なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
    何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。
    ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
    おわースゴい。夢中になって覗いていました。
    ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
    突然、私は目を離し身を引いたのです。
    そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように
    乱舞していました。・・・・・・
    私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした


  • 101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 01:20:19.53 ID:gJG0o+4B0
    風呂のだるまさんが転んだのやつ

    お風呂に入って頭を洗っている時、「だる
    まさんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考
    えることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を閉じて頭
    を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える
    のに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ
    ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に
    いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが
    ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。青じ
    ろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば
    しった目でじっとみつめていることに.....。さて、あな
    たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、
    いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。
    113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 01:28:31.53 ID:gJG0o+4B0
    同じ画像なりマークなりを毎日見せることによって、
    それがあっても、それが目に付いてもおかしくない、
    不自然ではない状態にすることは洗脳の第一歩だよ。

    仮にこの画像に普通では視認できないメッセージが刷り込まれていたらどうする?

    連日連夜、気づかれないように少しずつ少しずつメッセージを刷り込んでいくんだ。

    時々、突然気分が悪くなったり、めまいがしたことはないか?
    金縛りにあったことは?
    お昼ごはんを食べたことを忘れたことは?
    大きな都市が丸ごと停電する夢を見た経験は?
    球形プラズマ、蜃気楼、観測気球、写真に撮るとしたらどれ?
    マンテル。チャイルズ・ウィッティド。その次は?
    『アルミホイルで包まれた心臓は六角電波の影響を受けない』というフレーズ知ってる?
    螺旋アダムスキー脊髄受信体って言葉に聞き覚えはある?
    さっきからずっとあなたの後ろにいるのは誰?
    116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 01:30:37.38 ID:gJG0o+4B0
    ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんですって。
    トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
    と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。

    あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで、降りてみたところ、
    そこに人影はなく、目の前は崖。

    なんでもガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら
    落ちてしまっていたかもしれないということです。

    「あの幽霊は助けてくれたんだ」

    そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についたそうです。
    トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に、先ほど、
    目の前を横切った女の人の姿が……。

    その女の人は、こう呟いたそうです。
    「死ねばよかったのに」
    「いや、でもホント助かったよ。ありがと」
    「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」
    「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」
    「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危なあわゎ///」

    翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
    作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。
    122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 01:33:21.36 ID:gJG0o+4B0
    ある日、俺は午後になったあたりから体に妙な違和感を感じていた。
    しかし霊感の「れ」の字もない俺は、体調でも崩したか程度に思っていた。
    道行く人がたまに俺のほうを見てびっくりするあたり、顔色が非常によろしくないのかもしれない。
    こういうときは酒を飲んで早く寝るに限る。

    コンビニで引きつった顔の店員から酒を買い、その日は10時前には寝た。翌朝、しっかり寝たはずだが体の違和感は消えていない。
    朝の準備を済ませた後でふと昨日は携帯を朝かばんに入れたっきりで、一度も出さずに寝てしまったことを思い出しあわててチェックしてみた。

    ・・・・・・・留守電11件、しまった、誰か緊急の用事でもあったのか、とりあえず再生せねば
    「私メリーさん、今○○駅にいるの」
    「私メリーさん、今○○大学の前にいるの」
    「私メリーさん、今○○教室の前にいるの」
    「私メリーさん、今あなたの後ろにいるの」
    「私メリーさん、さっきからあなたの後ろにいるの」
    「私メリーさん、あなたの後ろにいるんですけどー、もしもーし」
    「もしもーし、メリーさんですよーいい加減気づいてくださーい」
    「うー、一日一回くらいは後ろ見るもんでしょ普通!」
    「ほらほら、あのおじさんとかめっちゃ私のこと見てるよ」
    「な、なんでうつ伏せで寝るの!いいかげんこっちみなさいよ・・・」
    「えぅ・・・ぐすん・・・・メ、メリーです、この録音きいたらでいいので後ろみてください」

    俺は背後の気配を確認すると、振り向かないで家を出て大学へ向かった。
    その日俺の背後には、半べそかきながら後ろをついてくる少女がいたらしい。
    127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/15(土) 01:37:47.93 ID:gJG0o+4B0
    アメリカ同時多発テロ事件で崩壊したニューヨーク貿易センタービルの住所はニューヨーク・クイーンズ通り・33番地だそうです。
    略すとQ33NYとなります。
    次のことを試してみてください。
    かなり衝撃的です。

    1.ワードを開く
    2.半角大文字で「Q33NY」と打つ
    3.打った文字を選択してサイズを最大の72にする
    4.打った文字のフォントの設定をWingdings(一番下にあるもの)に変える

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

    コメント

    1. あぷ…なんだっけ?  2009/06/07 12:19

      イリヤの空?


    コメントの投稿

    管理者への秘密のコメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。